35歳からの転職活動はこちらへ 『転職の教科書』 60日で転職成功〜無料レポート進呈〜

2015年08月26日

面接で残念な言葉”頑張ります” いつのまにか口にしていませんか?

面接で良く聴くフレーズ
"頑張ります”

誰しもが口にしたことがあると思います。

似たような言葉で、”勉強させて頂きたいです”などがありますが、意欲を見せることで面接突破につながるでしょうか?

これは、求められる職務や年齢に関係していると考えられます。

”頑張ります”が許されるケースとしては
・未経験で比較的簡単な仕事(やる気さえあれば誰でも出来る仕事)
・経験不足でも将来見込みがありそうな若手

このようなケースはワーカー色が強いので、おとなしい人材よりも元気で勢いのあるタイプの受けが良いです。

しかし、”頑張ります”が許されないケースとしては
・専門職や具体的な業務に対しての見識・知識を求められる場合
・管理職として即戦力を求められる場合

このようなケースで”頑張ります”は通用しない・・・と言いますか、面接官が鼻で笑うことでしょう。
面接で受けが良い思っていても、NGとなる理由の一つがここにあります。
最近の傾向としては、従来よりも即戦力が求められるケースが増えてきましたので、実践的な言葉で回答しないと面接官から認められません。


”頑張ります”はすごく便利な言葉ですが、使い方を間違えると"残念な人"として捉えられます。
つい軽く口からでがちの言葉ですが、面接対策をしている人は”頑張ります”を安易に使いません。

ちなみに、"面接慣れ”と”面接対策”は別物です。
”面接慣れ”は多く経験しているだけで、反省もせず独自の視点で面接をただ進めているだけです。
”面接対策”は経験を多く積んだ人材会社のレクチャーを受け、面接官の視点で自身の弱点を解消することです。

そのため、面接対策をした方の方が断然内定率が高いのです。
必ず事前に面接対策を行いましょう。
面接対策は"お勧めの転職サイト"に記載の人材会社で実施しています。無料で対策をしてくれますので積極的に受けましょう!!







posted by TTcareer at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
マイコミエージェントは充実のサポート体制で面接突破力が違います
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。