35歳からの転職活動はこちらへ 『転職の教科書』 60日で転職成功〜無料レポート進呈〜

2008年09月15日

転職活動期間 〜最適な期間は3ヶ月以内〜

 転職活動を始めた場合の最適な活動期間は、現職か離職により状況は異なるとは思いますが、概ね3ヶ月以内が妥当でしょう。
 これまで数多くの転職者を見てきましたが、『短期集中型』の方が結果的に満足度の高い転職を成功されている傾向があります。 まず、短期集中の場合は転職活動に迷いが無く、内定を勝ち取りたいとの強い気持ちが背中を後押ししてくれます。これは面接時に採用側に強い印象を与えることとなり、好結果をもたらしてくれます。

 
 短期集中型の転職を成功させるには、最低限次のポイントを押さえて下さい。

@転職活動終了時期を明確にする
 書類選考→面接→内定まで、最低でも2週間から4週間程度は掛かります。それを踏まえ、自分が内定をGETしたい時期から3ヶ月を逆算して、転職活動をスタートすると良いでしょう。

A転職の方向性と優先順位を明確にする
 目的が不明瞭であれば、もし内定を得たとしても「この会社でいいのかな?」と躊躇してしまいます。今回の転職の目的は何かを事前に確認しておきましょう。

B求人情報はあらゆる角度から収集する
 Webサイトや紹介会社等、求人情報は様々な角度から収集して下さい。くれぐれも1社(1サイト)のみでは危険すぎます。自分自身の可能性を広げるためにも、幅広く転職情報を集めて下さい。

Cリスクを考え複数社応募する
 最近は書類選考通過率が非常に低くなってきています。1社だけしか応募せず、途中で面接落ちしてしまえば、3週間以上経過してしまいます。再度、一から始める訳ですから、短期間で決着することはないでしょう。


ダラダラとした転職活動ほど、満足感が得られない転職となるはずです。
「良い会社がいづれ求人募集するだろう」
「まだ方向性も定まってないから少し考えよう」
「忙しいから少し落ち着いてから本格的にやろう」
このような考えの方は、今すぐにでも短期集中型のポイントを押さえて、転職活動を始めて下さい。長期戦になれば、モチベーションも維持できなくなり、眼力も低下してしまいます。特に離職者の場合は尚更です。

 中途半端な転職活動で内定を得たとしても、その会社は間違いなく貴方にとって中途半端な会社となるでしょう。短期間に集中して、笑顔で内定を勝ち取りましょう。
ラベル:転職活動期間
posted by TTcareer at 21:41| Comment(0) | 転職活動期間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
マイコミエージェントは充実のサポート体制で面接突破力が違います
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。